美しいきものの装い方

振袖が決まったら、成人式にむけて美しい着方を学びましょう。
洋服とちがい、慣れない和装では立ち振る舞いに迷うことも。
マナーや写真の撮り方を事前にチェックしておけば、
当日、周りの人と差がつく素敵な大和撫子になれるはずです。
分からないことがあれば、はやのやにいつでもご相談ください。

写真の撮り方

今はデジカメで撮影をすることが多く、その場で確認をしたり、撮り直すこともできますが、写真ができ上がってから、「こうしておけば良かった・・・」と後悔しないよう、よりキレイに写るためのコツを覚えておきましょう。

立ち方のイラスト

立ち方

両足をそろえて立ち、かかと側をにぎりこぶし1つ分開きます。軽くあごを引き、背筋をピンと伸ばして姿勢良くしましょう。

角度のイラスト

角度

真正面から撮ってもらうのは太って見えるのでNG。左肩の振袖の柄を見せるように斜め30~40度くらいに立つとスリムに見えます。おなかを引っ込め胸をはり背筋を伸ばせば完璧。また、階段の上から撮ってもらうとスラリとして長身に見えます。

ポーズのイラスト

ポーズ

立ち姿だけではなく、椅子に座った写真、少し目線を外したり、オーバー気味にポーズをとったものなど、モデルになったつもりで色々なパターンで撮影してもらいましょう。意外な写真がお気に入りの一枚になるかもしれません。

また、当日までに鏡を見ながらポーズの練習をしておくこともおススメです。