リ・スタイル

お母様、ご家族の振袖をお嬢様が成人式に着る

「ママの振袖なんてダサくない~?」「お下がりの振袖なんてありえない!」なんて思っていませんか?
振袖は、世代を越えて着るに値する価値のあるきものです。

例え、汚れが見つかっても…自分の趣味に合わないなと思っても…印象を変えたいと思っても… さまざまな方法であなたの理想の振袖に近づけます! それが、「ReStyle(リ・スタイル)」。

「はやのや」では、受け継がれる振袖をご提案します。お気軽にご相談ください!

リ・スタイルの流れ

  1. 確認汚れやシミがないかチェックします
  2. 吟味どのような対処法がいいか決めます
  3. サイズ調整お嬢様を採寸、振袖のサイズを決定
  4. 記録振袖や直すところの情報を残します
  5. お見積予算を概算してお知らせします
  6. リ・スタイルお手入れの作業をします
  7. 完成お嬢様にピッタリの振袖ができあがり

悉皆内容のご紹介

悉皆とは、「ひとつ残らず、ことごとく」という意味で、きものに関する相談を受ける専門家のことです。
できてしまったシミを取ってほしい…サイズを変えたい…洗いたい…など、きものを美しく見せるあらゆる願いをかなえてくれます。

洗う

洗い張り
きものをいったんほどき、汚れをきれいに落としたあと、仕立て直します。
丸洗い / 生き洗い
ほどかずドライクリーニングのような方法で洗い、アイロンで仕上げます。帯も洗えます。
部分洗い
汚れた部分だけを洗います。
汗抜き
水溶性の洗剤で汗による汚れを落とします。

直す

色焼け直し
自然に色あせてしまった部分を直します。
黄変 / カビ落とし
長年しまったままにしていたことで生えたカビ、汗などが酸化して黄色くなったシミを落とします。
スレ直し / 色はき
着ている間にこすれて白っぽくなった部分を直します。
シミ抜き
色々な方法でシミなどの汚れを取り除きます。

美術修正

柄足し
柄を増やします。シミや汚れを隠す時にも使えます。
かけはぎ
虫食いや引っかけなどでできた小さな破れをふさぎます。
染め替え
地色を派手に、地味になど雰囲気を変えたい時、きもの地全体の色を変えます。
紋直し/紋入れ
色があせた家紋をくっきりさせたり、別の紋を入れます。
金加工直し
金箔や銀箔などの輝きを取り戻します。
刺繍直し / 刺繍入れ
ほつれた刺繍を直したり、新たに刺繍を入れて豪華にします。

仕立て

反物からきものを作ること、また部分的に仕立てることもできます。
袖丈、身幅、身丈などのサイズを変えたり、新たに布を足して仕立て直すなど、さまざまな方法があります。

付け替え

裏地部分が古くなったり、派手になった時に新しいものに替えます。

リメイク

きものの生地を生かして、帯、小物、洋服など別のものを作ります。
また、帯丈を調整したり、袋帯から半幅帯などに直すこともあります。

ガード加工

シルクパック
しばらく着る予定のないきものを高純度不活性ガスで満たし、無酸素状態にして包装して保管します。
ガード加工
撥水加工を施し、汚れがつきにくいようにします。
  • ※振袖の状態によっては完全に落ちない、直らない場合もございます。
  • ※このほか、さまざまなケアの対処はぜひお気軽にご相談ください。

Q & A

Q.振袖を直すことは、すぐにできますか?
A.手を加える部分や内容によりますが、ほとんどの作業は職人さんによる手作業となりますので、1~2カ月はかかります。
余裕を持って出していただくことをおすすめします。
Q.コーディネートはどうすればいいですか?
A.もちろん、小物選びもお手伝いします。その際は、振袖を持ってお越しください。
Q.予算はどれくらいですか?
A.振袖の状態や、お手入れの内容によって異なります。おおよその予算をあらかじめお聞かせください。
また作業を開始する前には必ずお見積をしますので、ご確認いただいてから決めることができます(お見積・ご相談は無料です)

振袖のお支度チェックリスト

  • 振袖
  • 髪飾り
  • 長襦袢
  • 飾り襟(伊達衿)
  • 衿芯
  • 刺繍半襟
  • 下着一式(肌襦袢、裾よけなど)
  • 帯揚げ
  • 足袋
  • 帯締め
  • 伊達締め(2本)
  • 草履
  • 腰紐(4~5本)
  • バッグ
  • 帯板(前板、後板)
  • ショール、ストール
  • 帯枕